リラックスタイム

  • 2017.05.15 Monday
  • 18:46
五月も半ばになり吹く風も肌に心地よい。
こんな日は部屋の中より屋外で至福のひと時を過ごすのもいいだろう。(^.^)♪
ピンクの薔薇の甘い香りが漂って、まるで異次元の空間にいるような錯覚に陥る。



地面には、いつ、どこからともなく飛んできたタンポポの花が咲いている。



☆ ☆ ☆
いつしか全国区になった『忍者の自然療法 松縄骨法院』は年中無休で皆様の健康をサポートします。

忍者の自然療法 松縄骨法院

あなたの療法は間違っている!

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 12:51

JUGEMテーマ:健康

 

足が痛い、腰が痛い、膝が痛い、首が痛い!

気分が悪い、吐き気がする、天気がわかる、手足がしびれる、力が入らない。

痒いアトピーが治らない、リウマチで指がこわばる、ムズムズ病でいらいらする。

卵、乳製品、小麦などの食物アレルギーが治らない!

 

こんな症状で何年も悩んでいる方、どこに行っても治らないと諦めている方。

病気や様々な症状はなぜ治らないのでしょう?

答えは簡単! それは、あなたの療法が間違っているからです。

 

正しい療法なら病気は治ります。症状は治まります。(※1)

病気を治すのは、人体に備わっている『自然治癒力』です。

治し方はシンプルです。

薬も、器具も、電気も要りません。

使うのは、手のひらと指先だけ!

 

400年も前の戦国時代に雑賀衆が考案した武家の療法です。

相手はお殿様やお姫様!

やり過ぎて傷めてしまったら打ち首です。

危険な療法ではありません。安心・安全な療法です。

 

正しい療法だから、誰がやっても効果が出ます。(※2)

特殊な能力も技能も才能も要りません。

医学的な知識も不要です。(むしろ邪魔になります)

 

この療法は秘伝として極秘扱いで伝えられてきました。

だからほとんど知られていません。

この療法は治ってしまう療法です!

だから、現代社会で行われている営業としてはマイナスになります。

このため、この療法はやがて日本から消えゆく運命にある【絶滅危惧療法】なのです。

 

この療法を日本に残したい、後世に伝えたい!

こんな思いから、破格の低価格で研修生を募集しています。

 

受講希望の方はお気軽に連絡ください。

遠隔地の方のための1日コースもあります。

 

ホームページ  忍者の自然療法 松縄骨法院

http://matunawa.com

 

 電話  080−3168−2623

 

(※1)この療法の対象外のもの。

  1.感染症

  2.外科的な手術を要するもの

  3.先天的又は後天的に機能を失っているもの(臓器摘出、1型糖尿病など)

  4.脳の障害(アルツハイマー、脳梗塞・・・)

 

(※2)誰がやっても効果が出ますが上手・下手の差はあります。

車の運転と同じです。

上手な運転も下手な運転もありますが、誰でも運転して走っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は歳月を忘れても、花は季節を忘れない!

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 21:21

今年も咲いた白藤の花。
心地よい香りが辺りを包んでくれる。
あぁ、また春はきた。


足下には名前も知らない可愛く黄色い花。
散歩の途中で見つけて我が家にも植えたいと思っていたら、どこからともなく飛んできて玄関先一面に咲いていた。

 






 

旬家 あん梅

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 21:24
今日のランチは近所のあん梅。
時間的な余裕がある日はお勧め。

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-V4DbP9mB8Q6





高松でお勧めのそば処 高はし

  • 2017.04.16 Sunday
  • 18:01

今日は三谷町のそば処 高はし!


高松では一番のお勧め!


https://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000750/



むずむず病、化学物質過敏症、食物アレルギー

  • 2017.03.09 Thursday
  • 20:40
最近の傾向として、珍しい症状の患者さんが現れています。
具体的には、むずむず病、化学物質過敏症、リンパ浮腫、食物アレルギー等である。
病名は異なるが治し方はアトピーやリウマチと同じです。
治し方は『関節を弛めてリンパを流す』だけの極めてシンプルな療法。
やり方を知ったら誰でも、何処でも治せます。
薬も、器具も、電気も使わない自然療法!
一日コースで受講生の募集もしています。

忍者の自然療法を引き継いで日本に貢献したいという熱い心をお持ちの方は、ぜひ連絡ください。



  連絡先 080−3168−2623



 



受講生募集詳細



http://matunawa.com/free/jyukou



 



 



 


そろそろ牡蠣の季節も終わりか!

  • 2017.03.05 Sunday
  • 18:51
久しぶりのお好み焼き。太田の『弘』。
メニューはいつもの牡蠣焼きに牡蠣をトッピングしたオリジナルのいわゆる『牡蠣尽くし』。
今年は牡蠣を満喫したなぁ。

大人のそば屋はここにある!

  • 2017.02.10 Friday
  • 11:50
最近、暇になった。
患者さんの平均来院回数を計算すると、なんと1.87回。
一人平均の来院回数は2回にもならない。
一回で良くなる人が70%、2回が20%、3回、4回、5回、6回はそれぞれ2%程度。
特別な方で20回程度の方も稀にはいるが、重症でも大半は5回程度で良くなっている。
道理で暇になるはずだ。(^.^)♪
施術院の経営の極意はリピーターを増やすこと。
つまり、治してはいけないということだ。
それに反することを敢えてやっているのだから暇になるのは当たり前。

今日は、最近見つけたそば屋さんに来ている。店の名前は三谷町の『たかはし』。
ご主人が定年後に始められたこだわりのそば屋さん。もう何年も前になるが、樽物語というサントリーの樽の木を使った家具の展示場でご主人と奥さまに出会って名刺をいただいていたが、なかなか店の場所がわからず、最近になってやっとたどり着いた期待のそば屋さんだ。今日は三回目。
落ち着いた雰囲気で静かなクラシック音楽が流れている。
前回はジャズであったと思うが…。
たまには、こんな落ち着いたお店で静かにそばをいただくのも人生の楽しみである。
もう、そんな年齢になってしまったのか(^.^)♪


嬉しい話

  • 2017.01.12 Thursday
  • 09:58
今朝の電話はかわいい声の若い女性から。
『肩凝りがなくなりました(^.^)♪、毎朝湿布薬を貼るのが日課でしたが、もう湿布薬を貼らなくてもよくなりました。アンメルツも使ってません!それだけです。一言お礼が言いたくて電話しました(^.^)』

本当に良かったですね。
今までにたくさんの方からの喜びの声や噂を間接的に耳にし、あるいは再来院の時に喜んでいただき独りで感慨深く満足感に浸ってきましたが、体調が良くなったと言ってわざわざ喜びの電話をもらったのは、今回で四人目でした。(^.^)♪

忍者の自然療法を習って本当に良かったと思います。
器具も薬も電気も使わずに、簡単にしかも確実に病気を治す方法があるのに、世の中に広まらないのはなぜだろう?不思議に思います。
私のこのブログはもう10年以上になりますが、アクセス数は相変わらず低迷。
たまに一日に900件ものアクセスがあるのがまた不思議。



年頭所感

  • 2017.01.07 Saturday
  • 22:51
年頭にあたり、所感を述べてみたいと思います。
昨今の世界情勢をみていると、今年は世界的に大きな変革の年になることは間違いないでしょう。
結論から言えば『本物』の時代になります。
『偽物』や『まがい物』は排除されます。
人々は『真理』を追求するようになり、『物の道理』や『原理原則』に沿って物事を判断する思考回路が求められます。

治療院の世界で言えば、利益やリピーターを増やすことだけを考える経営者は淘汰されます。
美容院や飲食店ならリピーターが増えることは望ましいことです。リピーターをいかに増やすかということに腐心する経営姿勢は正しい姿勢です。
しかし、病気の症状をなくすることが本来の存在目的であるはずの治療院が、リピーターを増やす経営を目指すのは間違っています。
治療院のリピーターか増えるということは、とりもなおさず『治せない治療院』であるということです。リピーターを増やす経営姿勢は改めるべきです。
また、患者側にも責任があります。
「あの治療院は三年も五年も通っている患者が大勢いるから上手な治療院だ」などというおかしな評価をする患者がいる限り治療院はリピーターを増やす経営を改めないでしょう。

三年も五年も通っている患者が大勢いる治療院は治らない治療院なのです。
これは今更改めて言うまでもない自明の理なのです。
物事を原理原則から論理的に考えたら、簡単にわかることです。
リピーターを増やすという昨今の治療院の経営姿勢は本来の姿を逸脱しています。
治療院が目指すべきものは『治癒率』の向上なのです。
患者の痛みや悩みを解消してこそ施術家としての真の悦びがあるのです。

年頭にあたり、日頃特に目につく社会情勢について所感を述べてみました。
全ての国民が平和で健康で文化的な生活ができる、より良い日本をつくることが今年の最重要課題であると考えています。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM