白い藤棚 香りが素晴らしい

  • 2019.04.20 Saturday
  • 10:16

今年も白い藤の花が咲いた。

 

一部に紫の花も入り混じっていい感じになった。

 

やがて、バラが咲くと藤とバラの共演が楽しめる。

 

見ごろは連休頃になるだろう。

 

 

 

 

 

 

いよいよ四月

  • 2019.04.04 Thursday
  • 15:31

 

ふと気がつくと玄関先にチューリップが咲いている。

 

毎年球根を植えていたが今までまともに咲いたことがなかった。

 

今年は一斉に開花して見た目にも艶(あで)やかだ。

 

しかし、この3つの鉢のチューリップは確か早咲き、中咲き、遅咲きの「リレー咲き」として買ったはずだ。

 

チューリップの君たち、何かおかしくないか?

 

リーレー咲きなのに、一度に咲いてどうするの!

 

本来なら少しずつ遅れて順番に咲くはずのものだろう!

 

っと言ってみても、すでに開花したものはどうにもならない。

 

 

 

 

小さな花 ジャズの名曲です

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 22:58

遅くなりましたが、昨秋のピアニシモコンサートの写真です。

 

曲目は、ジャズの名曲「小さな花」!

 

フランス国籍の黒人クラリネット奏者シドニー・ベシエが60歳の時に

 

二十歳の新妻に捧げた曲です。

 

日本ではザ・ピーナッツのデビュー曲「かわいい花」として有名になり

 

ました。

 

ライブで小さな花をリクエストすると『六十歳で二十歳の新妻なら私だって

 

これくらいの曲は書くよ!』とおっしゃりながら演奏してくださるのは

 

北村英治さんです。

 

私なら、せいぜい【小さな鼻】でしょうね!

 

あっ、大きな鼻か?

 

 

 

この曲は、学生時代に恩師が定期演奏会で演奏した時に初めて聴きました。

 

ただでさえいやらしいのに、グリッサンドを使ってさらに妖艶な演奏に仕立

 

て上げたのを聴いて「こんな風に吹いてもいいんや!我が意を得たり」とば

 

かり、早速、真似をした記憶があります。

 

新入生歓迎のサークル紹介で「小さな花」を無伴奏で演奏したら、楽団の

 

紹介など要らないくらい宣伝になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたにとっての「至福のひととき」なに?

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 11:01

あなたにとっての「至福のひととき」なに? 

 

っと聞かれて一番先に思い浮かべるのが「症状がとれて患者さんの喜びの顔を見る時」

 

結局、誰かが喜んでくれたら自分も嬉しいのが人間なんだろうなと思う。

 

人は一人では生きられない。独りで生きても意味がないし、おもしろくない。

 

私自身も、ぜんそく、交通事故、ヘルニアなどで苦しい思いをし、痛みにも耐えて今日まで生き延びてきたわけであるが、その痛み、苦しみの経験があればこそ、人の痛み、苦しみがわかるのだと思う。

 

だから本気で治そうと思う。

 

人生の痛みや苦しみは、私にとって必然のものであったと今なら思える。

 

今日は、うつ病のお話。

 

やる気が出ない、行動するのが億劫(おっくう)、やろうと思っても先延ばし、先送りしてなかなか行動できない。

 

ひどくなると、誰とも話したくない、なんにもしたくない、仕事に行く時間だけど体が起き上がれない。

 

会社に電話して急遽休暇を申し出る。

 

会社では「こいつはズル休みだ」「やる気がない」「根性がない」「打たれ弱い」・・・・こんな評価を受けてしまう。

 

しかし、本人の頭の中は、やる気もあるし、根性もある、精神的にもしっかりしている、しかし体が動かない。

 

これがうつ病の状態。精神的な疾患だと言われている鬱病!

 

しかし、実はうつ病は精神の病気ではなくて、やる気ホルモンの分泌不足なのだ。

 

やる気ホルモンとは、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなど、快楽ホルモン、幸せホルモン、行動ホルモンと言われるものであり、この分泌が悪くなって行動ができなくなっているのである。

 

脳では、あれをしなくては・・・と気になっても体が動かないのである。

 

つまり、人は(動物は)ホルモンによって動くのである。

 

 

これに対して、「うつもどき」の症状が出ることがある。

 

これは、事故などでを傷めてしこりができたり、ヘルニアが出たり、骨が変形して首の神経を圧迫し、不快感、やる気低下などの症状が出ているのである。

 

やる気が出ないという症状はうつ病と同じであるが、原因が異なるから、私は『うつもどき』と呼んでいる。

 

原因が違えば当然、治し方も違ってくる。

 

いわゆる「うつ病」は背骨の3番の神経が圧迫されてやる気ホルモンの分泌指令がうまく臓器に届かなくなり、行動ホルモンが出ないためにやる気が出なくなっているのであるから、治すのは「背骨の3番の神経圧迫をなくする」ことが大事になる。

 

一方「うつもどき」は頸椎(くび)の神経の圧迫で気分が優れないのであるから、首のしこりをとり、ヘルニアをなくし、骨の変形を治すことで首の神経の圧迫がなくなり、不快感が消えてやる気が出るのである。

 

やる気が出ないのは、このどちらか、又は両方の原因が考えられるから、そこを見極めて治せばいいのである。

 

なお日本古来の忍者の自然療法では一連の施術の流れの中に全ての技が含まれていて、背骨も首も治してしまうから、意図的にこの症状を治そうと思わなくても自然にというか勝手にというか、自動的に治っていくから凄いのである。

 

本物はシンプルでありながら効果は絶大なのだ。

 

 

さて、再度、あなたにとっての「至福のひととき」なに? 

 

っと聞かれると、鬱や病気を治して「制服から私服に着替えた後が私服のひと時です」と答えるのも、ひとつの答えではある。

 

つまり「患者さんの喜びの顔を見る時、喜びの声を聴く時」が私の私服の、いや、至福のひと時なのである。

 

今日は少し高度なギャグになってしまって申し訳ない!

 

これが理解出来たら、初級編合格!!

 

 

  忍者の自然療法「骨法講習」は一日で修得できます。

 

 

 ホームページ 骨法講習受講生募集

  https://www.koppoin.com/contents/category/recruit/

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

勘違いしてませんか?病気は治せます!

  • 2019.03.02 Saturday
  • 00:44

原因不明の難病?極論をいうと、そんなものはこの世に存在しません。

 

原因を追究したくないから原因不明ということにしているだけです。

 

原因不明の症状の原因は、多くの場合「有害化学物質」です。

 

なお、薬も化学物質です。

 

アトピーの原因は多くの場合、お産の際の「陣痛促進薬」です。

 

「陣痛促進薬」は猛毒です。

 

毒を母体に入れたら、胎児を安全な処に逃がそうとして陣痛が起こります。

 

胎児も毒が回ってきたら嫌がって暴れます。これで陣痛が起こります。

 

これが陣痛促進剤で陣痛が起きる仕組みです。

 

その猛毒は胎盤から胎児の体内に入り、関節に溜まって炎症が起こります。

 

その症状として皮膚が爛れたり痒くなったりするのを「アトピー性皮膚炎」と呼んでいるのです。

 

この呼び名は正確ではありません。

 

関節の炎症が原因で症状が出ているのですから正しくは「アトピー性関節炎」と呼ぶべきなのです。

 

関節炎の結果として皮膚に症状が出ているのです。

 

それを皮膚の病気だと言って皮膚を治してもアトピーは治りません。

 

真の原因である「関節」の炎症を治すことでアトピーは治るのです。

 

過去に何度も言ってきましたが、世の中の問題を解決するには真の原因を解明してその原因を取り除くことで問題は解決します。

 

アトピーの場合、真の原因はお産の際の陣痛促進剤による関節の炎症です。

 

だから関節に溜まっていり有害化学物質を体外に排出することでアトピーは治ります。

 

具体的には、関節を弛めリンパの流れを良くしてやれば、有害物質はリンパ管を通って流れます。

 

(注)美容のためのリンパマッサージならお上品に軽くでいいんですよといいますが、病気を治すものですから深い部分から強く流す必要があります。

 

赤ちゃんのアトピーでも強めにやっても嫌がらないことが多いのです。

 

むしろ痒みがとれて気持ち良くなってスヤスヤと眠ります。

 

お母さんが「この子のこんな穏やかな寝顔は今までに見たことがない」というくらい気持ちよく寝てくれます。

 

【リンパの流れ】

リンパの流れは最終的に鎖骨の下あたりで静脈に流れ込み、血液といっしょに、肝臓で解毒分解されます。

 

次に、腎臓でろ過されて「尿」として体外に排泄されます。

 

体内の有害化学物質が全て体外に排出されたら、きれいな肌になり、アトピーの症状は出なくなるのです。

 

以上がアトピーの治し方ですが、この方法はリンパ系の全ての症状に共通しています。

 

 

【リンパ系の症状】

リンパ系の症状とは、アトピーの他、関節リウマチ、リンパ浮腫、化学物質過敏症、食物アレルギーなどです。

 

関節リウマチの原因は多くの場合、台所の合成洗剤(合成界面活性剤)ですが、薬の大量投与もリウマチの原因になります。

 

一般的に女性は毎日、強い洗剤を使って洗い物をします。

 

この時、皮膚から侵入した合成界面活性剤の成分は指の関節に溜まって炎症が起きるのです。

 

リウマチが女性に多いのはこのためです。特に性格的にきれい好き、几帳面な女性は若くしてリウマチになりやすいのです。

 

普通の汚れは水洗いだけで十分に落とせますが、きれい好きな女性は「私は手抜きはしません。必ず洗剤を使って気が済むまで洗います」などと変なこだわりをもっています。

 

安全な洗剤なら問題はないのですが、安物の洗剤をたっぷり使うから若くしてリウマチで苦しむのです。

 

 

【アレルギー】

化学物質過敏症や食物アレルギーがリンパと関係していることはほとんどの人が知りません。

 

大事なことですから、よく理解しておいてください。

 

同じものを食べて同じように生活しているのに、アレルギーの出る人と出ない人がいます。なんででしょうか?

 

アレルギーの出る人はアレルゲンを持っていると言われます。

 

そのアレルゲンとは実は有害化学物質なのです。

 

アトピーの原因となる「陣痛促進剤」や自閉症の原因と言われる「ワクチン」、食品に含まれる添加物や農薬類など、私たちの生活の中で有害物質を大量に取り込んでいます。

 

これらの化学物質同士が反応してどんな物質ができているかは、組み合わせが多すぎて確かめようのないことなのです。

 

例えば陣痛促進剤の有害成分が体内に残っている子供さんが卵を食べると「卵アレルギー」が出ます。

 

卵自体は悪くないのですが、鶏のエサに含まれる、抗生剤、ホルモン剤、薬剤などの成分は卵や鶏肉にも入っています。

 

その有害成分と体内に残っている陣痛促進剤、ワクチンなどの有害成分が反応して「卵アレルギー」が出るのです。

 

牛乳、牛肉アレルギーも同様です。

 

小麦アレルギーは輸入小麦が原因なのです。

 

輸入小麦の有害化学物質と体内の有害物質が反応してアレルギーがでるのです。

 

アメリカから小麦を輸入するには船で1か月かかりますから、通常の輸送ではカビが生える、虫がわく、腐る、発芽するなどの問題が生じます。

 

これを防ぐために船積みした小麦に「農薬」を散布して輸送してくるのです。

 

この農薬には枯葉剤の主成分である「TBZ」が入っています。

 

日本に到着した小麦は農薬がかかったまま製粉され小麦粉になり、パン、パスタ、うどん、お菓子などの原料になります。

 

うちの子は小麦製品は全部アレルギーが出ます」というのは当たり前です。

 

原料が同じ農薬入りの小麦粉なんですから小麦製品の何を食べてもアレルギーが出ます。

 

☆余談☆

※収穫後の農作物に農薬を散布することは日本の法律で禁止されています。

 

しかし、輸入小麦には収穫後に農薬を散布していますから法律違反なのです。

 

ずっと昔に日米貿易摩擦というのがあり、輸入オレンジなどに農薬が入っているのは法律違反だと日本が抗議しました。

 

この時のアメリカの対応は『文句を言うなら自動車を買ってやらないぞ!』ということでした。

 

それ以来、日本政府は法律違反を黙認しています。

 

この点、厚生労働省の見解は「あれは農薬ではありません。添加物として認めています。」ということです。

 

なんという詭弁でしょう。自動車が売れたら国民の健康などどうでもいいのです。

 

☆補足☆

 

国産小麦はそんな強力な農薬は使っていませんから小麦アレルギーは出ません。

 

最近「グルテンフリー」なる言葉を耳にしますが、グルテンはアレルギーの犯人(原因)ではありません。

 

もしグルテンがアレルギーの犯人であれば国産小麦だってアレルギーが出るはずですが国産小麦ではアレルギーは出ません。

 

食物アレルギーの子どもさんをお持ちのお母さんは、自然食品、無添加食材を買い求めて毎日大変なご苦労をされています。

 

給食のおばさんに「うちの子は卵を外してください」『うちは乳製品は全部だめです』「うちは小麦製品は全て除外してください」などと言われると給食のおばさんも大変なご苦労をされます。

 

 

食べ物に入っている有害物質を排除するのは非常な労力を要します。しかも延々と続きます。

 

ここで発想を転換してはどうでしょう?


アレルギー反応が出るのは体内に溜まっている有害物質と食材に入っている有害化学物質が喧嘩して(反応して)いるのです。

 

喧嘩の一方の当事者である食材をコントロールするのあまりにも労力がかかり負担になります。

 

喧嘩のもう一方の当事者である体内の有害物質を排除(排泄)すれば喧嘩はできなくなります。

 

アトピーの治し方で説明したように、関節を弛め、リンパの流れをよくして体内の有害物質を解毒分解して体外に出してしまうのです。

 

これには平均5回程度かかりますが、有害物質を一旦体外に排出してしまえば、新たに陣痛促進剤やワクチンを投与しなければ、アレルギーがでることはありません。

 

つまり、毎日の食材に気を遣う必要がなくなるのです。

 

ここまでの説明で、アトピーの原因が陣痛促進剤であり、これと食材の有害物質とが反応して食物アレルギーを起こしていることがおわかりになったと思います。そして、リンパの流れを良くして有害物質を体外に排出してしまえば食物アレルギーは治ります。

 

つまり、食物アレルギーもリンパ系の病気だということです。

 

 

食物アレルギーで大変なご苦労をされていますが、発想の転換をすればアトピーの治し方だけで、そのご苦労をしなくていいようにできます。

 

なお、アトピーの治し方は当院の骨法講習を受講すれば、他の病気の治し方と一緒に習うことができます。

 

受講料が安い今のうちに受講され秘伝の技を修得されますことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「骨法」出張講習受講料改定のお知らせ

  • 2019.02.13 Wednesday
  • 10:20
多くの慢性病が掌(てのひら)だけで治せる日本古来の自然療法「骨法」の出張講習の受講料を改定する予定ですのでお知らせします。
骨法講習は4人程度まとまれば、当方から全国への出張講習も行っております。

受講生の方が遠方から交通費宿泊費を負担して来られるのは 費用的にも時間的にも大きな負担になりますが、
 
4名以上まとまれば、受講料だけの負担で本物の療法を1日で修得することができます。

現状では来院講習と出張講習の個人負担額の差が大きすぎるため、出張講習の受講料を改定します。 

〇出張講習の受講料を2019年4月より改定の予定です。
 従来、出張講習も来院講習も同一料金で、来院講習の場合、旅費・交通費・受講料は全額受講者の負担で、かつ移動の日数もかかっており、大きな負担になっていました。
 一方、出張講習の場合、受講者の負担は受講料のみであるのに対して、来院受講者との負担の格差が大きすぎるという意見があり、出張講習の料金を変更して格差を少なくすることにしました。
(改定幅は未定ですが1名につき2万円程度の上乗せになる見込みです。)

プロの方はプロ同士、アマチュァの方はアマチュァの方同士でまとめてお申し込みください。

・8畳程度の広さの会場とマット3枚、パイプ椅子3脚を手配してください。(2名でマット1枚 +講師用1)
・実際に体調不良のある方で患者さん役をしてくれる方がいれば、より勉強になります。
・出張の交通費、宿泊費、会場費等は当方負担です。

補足
今回は「出張講習受講料」のみの改定であり、「骨法講習受講料」は秋に改定の予定です。
先行者利得を守るため、後になるほど受講料を値上げしていきます。
また、同じ趣旨から、県別に受講者数が一定の人数になれば以後の受講申し込みを制限しています。
※現在、愛知県在住の方の骨法講習受講申し込み受付は一時的に停止しています。
   再開時期については、電話にて個別に確認してください。
  

今日の質問:妊活をしているけど、うまくいかない

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 13:51

【質問】

30代の主婦です。結婚してから妊活を始めましたが、日ごろ運動不足なせいもあり、基礎体温が低く言ことに悩んでいます。

妊活自体は1年ほど続けています。自覚していなかったのですが、かなりの冷え性で腹巻とルームソックスが手放せません。

また日中ずっと座りっぱなしで作業しているため、姿勢も悪く血行が滞っているのかもしれません。

肩や背中がバキバキとしている感覚があります。夕方くらいになると足も手も冷えている感じがあります。

また鏡を見ると自分の体が歪んでいるようにも思います。

たぶん、ついつい足を組んでしまうくせがあるので、それで骨盤が歪んでいるのかもしれません。

妊活を始めてうまくいかない原因はこういったことにあると思います。

血行を良くするために運動をしたいと思っていますが、簡単にできる方法などはないのでしょうか?

また姿勢をよくするために気を付けたいことなどがあれば教えていただきたいです。

妊活のために取り組んでおきたいことを知りたいです。

 

☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【回答】

妊活がうまくいかない原因はその通りです。

全身の骨格の歪みを正し、リンパの流れを良くすることで正常な体になります。

そうなると血流がよくなり基礎体温も上がります。骨格の歪みを正すと脳からの指令が各臓器にうまく届くようになり、自律神経の働きで人体の本来の機能が回復し、妊娠もしやすい体になります。

 

【具体的な治し方】

自分ではやりにくいので家族の方の協力が必要です。

 

<肩甲骨>

患者は下向きに寝て施術者が肩甲骨を上下方向(頭、足方向)に押して動かすことで肩甲骨がほぐれます。これで肩こりが治ることもあります。

<胸椎、腰椎、仙骨、尾骨>

さらに胸椎から尾骨までの歪みや変形を掌(てのひら)を使って物理的に押して、骨の歪みをなくすることで神経の圧迫がなくなり、脳からの指令がうまく伝達できるようになります。

すると自律神経の働きが正常になり、人体の本来の機能が回復し、妊娠しやすくなります。

 

〇妊娠しにくい場合は特に腰椎から尾骨の痛い部位を念入りに痛みがなくなるまで押してください。
ここが不妊の一番の原因ですから。

 

[補足]

背骨を治す際に、押すだけでは効果が出ませんので、背骨を横方向(背骨に対して直角に)に揺らせながら押し込むとよくほぐれて効果が出ます。
揺らせるのはほぐれやすくするためであって、背骨を下向きに押し込んで骨の歪みを伸ばすのが目的です。

 

<肩関節、鎖骨>

肩関節は、患者さんが椅子に座って、施術者が後ろから患者の肘のあたりを持って肩を後ろ回しで回します。

鎖骨のズレがこれで治ることがあります。

(妊活とは直接的な関係はありませんが、全身を正常にする場合は、ついでにやってください)

 

あなたの場合はこれで良くなると思いますが、まれに不妊の原因が旦那さんにあることがあります。

この場合は旦那さんの腰から尾骨当たりの骨の異常を治すことで男性機能が回復し、新婚10年で赤ちゃんができた事例があります。

余談ながら、背骨の歪みを正すことで男性が「朝勃ち」することがあります。

つまり男性機能が復活するのです。

 

 

お好み焼き 牡蠣玉、今が旬❗

  • 2019.02.01 Friday
  • 13:28

冬になると、決まって何度か来るのが、太田にあるお好み焼き『弘』(ひろ)

オススメは牡蠣玉に牡蠣のトッピング。❗

お好み焼きの中に牡蠣が16個、二段重ねで12個の牡蠣❗

これはもう食べきれないほどの牡蠣、牡蠣❗牡蠣❗


他のメニューには『やけくそ価格』の豚玉などもある。商売気のないところが、親しみが持てる‼️



線維筋痛症の重症患者さんから喜びの投稿をいただきました

  • 2018.12.27 Thursday
  • 20:19

四国の流行らない施術院ですが、長い施術歴の中にはこんな嬉しいこともあります。

 

まさに施術家冥利に尽きます。治した私が驚くほど素晴らしい効果です。

 

日本中で、ここまで喜んでいただける施術ができる施術家が何人いるでしょう。

 

施術とは治す仕事です。基本に立ち返りましょう。

 

以下、googleへの投稿をそのまま転載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

 

 

患者さんから感謝のメッセージです

  • 2018.12.24 Monday
  • 23:06

今日も患者さんから喜びのメッセージをお送りいただきました。

本気で治す施術院として名前が通るようになると重度の患者さんも多くなり体力的に限界を感じることもあります。

今日は体調がすっかり良くなった患者さんから喜びのメッセージをお送りいただきました。

嬉しいです🎵

この仕事をやってて本当に良かったと思えるひとときです。

明日からも治癒率99.9%の施術院の名に恥じない施術を続けたいと思います。


『リピーターが増えるのは施術院の恥である』


治す仕事であるにも関わらず、また来なさい、また来なさい、今度の予約はいつにしますか?などという施術院は間違っています‼️

そう思いませんか⁉️


下の写真は患者さんからの喜びのメッセージです。☀️


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM